完成検査で見るべきポイントについて

正確な依頼で工事が進められたかをチェックする事です

必要な書類は全てあるかをチェック

個人の財産にもなるのが家です。
その為、工事が全て完了したら依頼主に家に関する書類や工事に関する書類にサインをして貰う必要があります。
一つでも欠けていると、後日またサインをしないといけないので予定が中々合わないと家に入居する事すら出来ない場合もあります。
このような事にならないようにする為にも、施工会社は全ての書類をきちんと揃えておく必要があります。

工事の完成が迫ってくる前に、余裕を持って事前に用意しておくと安心だと思います。
あまり余裕がない状態で書類を作るとなると必ずミスが出て相手に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
引き渡しをする前にも担当者が一度書類に目を通して完璧かどうかを確かめる事が大切ではないかと思います。

依頼主もきちんと必要な物を揃えておく

スムーズに引き渡しが出来るように、依頼主も必要な物は揃えておくようにしましょう。
そうする事で、時間をかける事なく入居が出来ます。
特に、その中でも一番重要な書類は家のローンに関する書類になると思います。
少しでも不備があればローンの引き落としが出来ない場合もあるからです。

多額の金額を支払う事になるので、少しでも不備があると引き落としが出来ない状態になり、トラブルに発展してしまう場合もあるからです。
印鑑や身分証明書も用意しておくようにしましょう。
それから、引き渡しの時間が決まっていると思いますが余裕を持って家を出るようにしましょう。
なるべく、小さい子供がいる場合には引き渡しの際には連れて来ない方が良いと思います。


TOPへ戻る