完成検査で見るべきポイントについて

設置した機器がきちんと動くかどうかについて

複数の人間に渡している場合

様々な設備を家に取り付けた場合、専門の業者が複数出入りする事になると思います。
この時に、合鍵を渡す事が多いそうです。
ですが中にはそのままその合鍵を悪用して犯罪行為を起こそうと考えている人もいます。

最悪のケースは、悪意を持って誰もいない時間帯を狙って普通に自宅に入るかのようにして痕跡を残す事無くその家にある金品を盗み出して犯罪に手を染めると言うのです。
工事関係者を装ったりすれば、怪しまれる事なく盗みに入る事が可能だからです。
このようなケースにならないようにする為には、家の引き渡しの際には必ず合鍵を回収して自分の手元に保管しておきましょう。
なるべく保管する際にも、家族以外教えないようにする事が重要だと思います。

合鍵は多く作るのはやめましょう!

鍵をなくしてもスペアがあれば安心だと思います。
その際には、家の様々な場所に隠しておく人もいるようです。
例え、外で鍵をなくしたとしても家に置いてあるスペアを使えばすぐに家に入る事が出来ます。

母親が仕事で家を留守にする際にも、子供に持たせるのではなく家のポストや植木の下に置いたりしてそれを使って家に入るように子供に言う場合もあると思います。
しかし、中にはその場面を空き巣に目撃されてしまう可能性もあります。
防止するには、ずっと、その置き場所に置くのではなくすぐに回収をして違う場所に置くか、子供に合鍵を持たせておく事が重要です。
合鍵を多く作って家の様々な場所に置くのは危険なのでやめた方が良いと思います。


TOPへ戻る